SponsoredLink

生命保険のトラブルは遠慮せずに相談すべき

 生命保険のトラブルの相談はさまざまあるようですが、一番重大なのはやっぱり「保険金が支払われない」ことでしょう。最近話題の生命保険の不払い騒ぎは、なんといっても生命保険会社側の少しでも儲けようとする姿勢が見え見え。保険金の払い出し要請が申告制のようになってしまっているのもそうだし、要請があってもなんだかんだと条件を並べ立てて、なかなか払おうとしないこともそうだ。いざという時のために生命保険に入っているのに、それが支払われないのだったら、今までの保険料の何割かだけでも返してもらえないとおかしい。質量保存の法則と同レベルの考え方で恐縮ですが、返ってこないお金はどこかにあるはず。それで生命保険会社そのものが必要以上に潤っているなら言語道断です。


勧誘するときは随分良い顔して、「なんでもご相談下さいね」とおっしゃるくせに、解約はもちろん、ちょっと保険料の減額を相談しようものなら、手のひらを返したように話しを聞いてくれなくなる例は身近にいくらでもあります。


今やこれだけ巷で話題になったことは、まだトラブルに会ったことのない人には本当に有難いことです。相談先もたくさん出てきたし、ユーザーとしての主張はすべきだということも先輩たちの体験に教わることができますから。新聞や雑誌等で見ると、生命保険会社側がなんと言おうと、保険料を支払ったことに確信があるならば、ひたすら主張し続けることが大事とか。泣き寝入りは、長い目で見ると世の中のためにもならないのだということも教わりました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5462506
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック