SponsoredLink

生命保険を選ぶ時には比較よりも口コミという人は多い

生命保険を選ぶ時、マメな人や勤勉な人は、自分で複数社を比較して決めているようですが、今も昔も(?)口コミは強力な判断材料だと思います。Webや資料でさんざん調べまくった挙げ句に、結局、「友達が加入していて、そこの営業の人が親切だからとおススメしてくれたから」という理由でその生命保険に入る人って多いです。これは、何も生命保険に限ったことではなく、車やエステや習い事のお教室などもそんな感じ。大きなものになると夢の一戸建て住宅まで比較よりも口コミです。そこでは、特に、営業の人物(お教室の場合は先生やスタッフ)が必ずポイントになってます。


「〇×生命保険の△支店のAさんは、すっごく詳しいし、いつも丁寧に教えてくれる」とか「〇×教室のB先生は、『下手でも個人の"味"が出ていればいい』って言ってくれる」といったセリフは、も〜殺し文句ですね(笑)。これで1人ゲットです! こういう口コミをしてくれる人を顧客に持った営業の人や先生は大助かりですね。


生命保険の自力の比較には、自分が知らない落とし穴があるんじゃないか?という不安感がありますので、よっぽど自信のある人でないと、やはり友人知人の口コミに頼りたくなります。それが人情ってものだと思います。


こんなにITが進んでいて、どこでも情報が得られる時代なのに、口コミが最強というのはなんとも興味深く、また、どことなく微笑ましいと思うのは私だけではないと思います。

生命保険の賢い選び方って誰に教わると良いのでしょう?

生命保険も賢い選び方をしましょうってTVやら雑誌などでよく見かけるので、生命保険に対してはムダをしている人が多いっていうことでしょう。賢い選び方って言われてもねぇ・・・。それってファイナンシャルプランナーのように知識が豊富で、金融経済にとても詳しい人でないと無理な気がしてしまいます。賢い選び方ということは、要するに、より無駄なく効果的な選び方をするということでしょう?。だったら、やっぱり専門知識を駆使せねば・・・。でも駆使しようにも専門知識なんてないしねぇ('_')。


親しい知人や親族に、素晴らしく賢い選び方を指南してくれる強い見方がいればいいんですけど、そんな人いないなぁ。結局、一般ユーザーとしては、どこかの生命保険会社の営業の人に相談するしかないのですが、やはり営業の人である限りは、自社に有利な説明しかしないことは明らかだから、それでは賢い選び方ではな〜い。


ということで、複数社の生命保険会社の営業の方に相談するのが王道。車の購入のときと似たようなもの。最近では、複数の生命保険会社の比較をするサイトもあって、結構良い指南書になります。さらに、こんなスゴイサービスも見つけました。
生命保険契約ナビ
私はまだ利用したことはないですけど。


でも、実は最も大事なのは、自分のライフプランをしっかり持っていることであるという事実を、一般ユーザーは意外にも見落としがちだそうです(某生命保険会社の営業の方の談)。言われてみれば確かにそうだ(^^ゞ。生命保険の賢い選び方の原点はそこにあり。


誰に教わるか?の前に己を知りましょうということですね、ハイ。